今更聞けないキャバとガールズバーの違い

キャバクラとバーの違い

「女性とお酒を飲んで楽しみたい」と思った経験ありませんか?
そんな時にはキャバクラとガールズバーがおすすめです。キャバクラは男性のみならず、今や女性でも通っている人もいるほど人気の水商売ですよね。
しかしガールズバーを知っている人は少ないのではないでしょうか。
ここではキャバクラとガールズバーの違いを紹介していきます。それぞれ違った楽しみ方があるので、両方を体験してみるという手もありますよ。

本格的な接待を受けたいならキャバクラ

まず日本人なら誰もが知っているキャバクラ。キャバクラで働いている女性は、キャバ嬢や夜の蝶、お嬢と呼ばれています。
キャバ嬢なら誰もが知っていますよね。
キャバクラでは、まず入店したら一緒にお酒を飲んでくれる女性を指名します。もし気になっている女性がいなければ、そのまま空いている女性があなたに付き接待してくれるのです。
女性は男性客のためにドレスアップしているので、綺麗な女性を楽しめます。キャバ嬢として働いている人は、普通の一般女性よりも顔面偏差値のレベルがかなり高い人ばかり。
また男性を楽しませるためのイロハを熟知しているので、損はありません。
少々お高いのがキャバクラですが、それくらい行く価値があるといえます。

普通のバー?みんなで楽しむガールズバー

ガールズバーとは、キャバクラと違ってカウンター越しで接客してくれる場所です。バーなので、おしゃべりに特化しているわけでもなくあなたに女性が付くわけでもありません。
そのため指名料や高いお酒代を支払う必要もなく、普通のバーと同じ用に楽しめる場所でもあります。
ガールズバーで働いている女性は、お店のコンセプトにあった服装をしていますが基本的に私服に近い格好をしています。
レベルの高いキャバ嬢だと気を使って飲みづらいという人は、ガールズバーで気軽に飲むのがおすすめです。
フランクな女性が多いので、友達感覚で共にお酒を楽しめますよ。

予算は計画的に

キャバクラやガールズバーで女性を楽しむなら、相応の予算は必要です。特にキャバクラは、基本的にボトルを下して女性とお酒を楽しむのでかなりの費用が必要。
パーっとお金を使いたい、わいわいしながら女性と飲みたいという人はキャバクラがおすすめです。
また予算をリーズナブルに抑えたい、けど女性とお酒を楽しみたいという人はガールバーがピッタリ。
どのサービスを受けるにしても、自分が使う予算はきちんと計算してからサービスを受けましょう。