好感度を上げていこう

良い印象を与える

ライブチャットでは、きちんとした態度で女性と接していますか?乱暴な言葉、強制的な言い方は女性を怖がらせてしまいます。
突然脱ぎを求めたりするのはご法度。どんなにエッチな姿をしていたとしても、相手はあなたと同じ人間です。
いくらアダルト行為をしていたからといえ、乱暴な言い方をされてしまうと傷ついてしまいます。そのような事態を招かないためには、自分の好感度をグッとあげることが大切です。

ジェントルマンな対応を心がけよう

現実世界だけでなく、ネット社会でも好感度の高い男性の特徴は同じです。
紳士的な対応をしたり、相手の話をきちんと聞いたりする聞き上手といった点を心得ている人はライブチャットでも好感度が上がります。

ではジェントルマンな対応とは、一体どういった対応なのでしょうか。
例えばアダルトジャンルで活動している女性に対して、脱ぎを強制するような人はジェントルマンと言えますでしょうか?
言えませんよね。女性側も「何この人」と第一印象から嫌悪感マックスです。
ライブチャットは、客である男性側は顔を出してチャットする必要がありません。
匿名性が高く、文字を打って女性とやりとりをしています。
そのためか、自分の顔をわれていないからといってワザと女性に乱暴な言い方をしたり強制を促すような言い方をしたりする人もいるのです。
そのような方はまず好かれません。もちろんドMな女性もいますが、M女でも常連客のドS発言しか興奮しないという人もいるのです。

ライブチャットでお互い楽しくチャットするためには、紳士的な対応をするのがベストです。

ガチ恋はダメ

ライブチャットでは、ガチ恋勢は引かれます。ガチ恋とは現実とバーチャルの世界に区別がつかなくなり、お気に入りの女性に本気で恋をしてしまう人のことを指します。
これはライブチャットだけでなく、どのネット業界でも問題になっている課題なのです。
ガチ恋している人は、画面越しで女性を見るだけでは飽き足らず女性の本名や住所を聞き出そうとする人も。
ただのストーカーみたいな行動をとってしまい、警察沙汰になることもあるのです。

ライブチャットをする際には、お気に入りの女性がいたとしても出会いを求めないのが必須。現実と画面越しの関係を混合しないようにしていきましょう。